fc2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。
月別アーカイブ  [ 2022年10月 ] 

大分県立支援学校死亡事故、証人尋問は終了

[ 2022/10/05 15:01 ]
 2016年9月、大分県立南石垣支援学校高等部3年だった
林郁香(ふみか)さん=当時17歳=が、給食をのどに詰まらせ、
翌月死亡した事故についての続報です。
 22年10月3日、13時10分から15時50分まで大分地裁
(石村智裁判長)で、両親に対する証人尋問が行われました。

 今回の尋問内容については
障害女子生徒の給食事故死裁判 遺族が“娘に謝って”と訴え|NHK 大分県のニュース
をご参照ください。

 以下、ニュースでは取りあげられていないことを記します。
 母親の香織さんは尋問のなかで、事故当時小6だった次女が、
郁香さんが亡くなったのと同じ高3になったことを明らかにしたうえで
「次女は『この年で死にたくないよね。姉も死にたくなかったやろね』
といっている」
と述べました。
 
 当ブログでも既報のとおり、前回22年6月17日の証人尋問で、
当時の教諭らは両親に対して、謝罪はしました。
 しかしそれが両親の琴線に触れるものであったかといえば、
そうではありません。
 両親は、道義的責任も認めたうえで「言い訳をせずに謝ってほしい」
と願っています。
 しかし民事訴訟は、あくまで原告・被告双方の主張を聞いたうえで、
法的責任の有無について裁判所が判定する手続きに過ぎません。
 
 「全国学校事故・事件を語る会」代表世話人、宮脇勝哉氏は
「被告代理人が潔く『反対尋問は見送ります』といっていたなら、
まだ救いがあった。
 母親が記者会見で『この期に及んで、小2のときにたった1度
発作を起こしただけのてんかんについて質問してきた』といったように、
被告弁護団は新証拠もなく手詰まり状態なのに、重箱の隅をつつく
ような質問に終始した。
 その目的は、両親をいらだたせることなのか?との疑念を抱かせる
ものだった」
と厳しく批判しました。
 
 父親の和男さんは記者会見で、証人尋問前日の10月2日が
郁香さんの命日だったことを改めて指摘し、
「提訴から3年。裁判のなかで被告からは、聞きたくないこと、
受け入れ難いことをいわれてきた。
 しかし郁香の死を無駄にしないため、主張し続けたい」
と述べました。

 原告弁護団は記者会見で、個々の教諭らにミスがあったことは
厳然たる事実、としながらも
「個人の責任に帰してしまい、特別支援学校のあり方について検証
しなければ、同様の事故を繰り返すおそれがある。
 両親は、大分県教育委員会と管理職と現場の教員の風通しの
悪さも含め、ルーズな意識や開き直りを放置し、それが『変な常識』に
ならないように戦ってきた」
と強調し、引き続きの支援を求めました。
 次回口頭弁論は23年1月27日10時00分、大分地裁です。
スポンサーサイト



プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック
月別アーカイブ