fc2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

橿原市立中いじめ自死裁判、奈良地裁は原告の請求を棄却

[ 2021/04/08 09:57 ]
 2013年3月、奈良県橿原市立中1年生(当時)女子が、
同級生らからのいじめを苦に自死するに至った事件の
損害賠償請求訴訟。
 奈良地裁は21年3月23日、原告の請求を棄却しました。

 これについて、21年3月24日付毎日新聞は

 島岡大雄裁判長は、元同級生らの言動に悩んでいた様子は
うかがえたが、遺族側が主張する仲間外しや無視があったとは
認められないと判断した。
教職員が自殺直前の兆候を把握していた証拠もないとし、
学校側の対応の不備を否定した。
(中略)
 訴訟を巡っては、当初賠償を求めた元同級生4人のうち、
2人との和解が成立している。

と伝えました。

 母親は
「まさかという判決で、到底承服しかねる。
 こんな判例を残すわけにはいかない」
として21年4月5日、控訴手続きをしましたので、現時点で
司法の判断が確定したわけではありません。

 本件につきましては、当ブログでも繰り返し指摘して
きましたが、調査委が15年3月23日付で公表した報告書で
「いじめがあった」
と事実認定したうえで、森下豊・前市長、吉本重男・前教育長らの
対応について
「真相解明を大きく遅らせ、早期に再発防止策を講じる機会を失わせた。
子どもの自死を汚れた大人の論理でもてあそび、誠に許し難い」
と痛烈に批判しています。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201504.html

 しかし奈良地裁判決は、報告書の内容を否定するものであり、
一部被告と和解が成立しているという事実とのあいだに
齟齬を来たすもの、と言わざるを得ません。

 そもそも遺族がなぜ提訴するに至ったか、といえば、
当時の校長らが「いじめはなかった」との結論ありきで、
いじめがあったとする生徒たちの告発を否定し、
家庭に原因があったとする風説を流布したこと。
 森下氏、吉本氏らが説明責任を果たさず、文書開示にも
応じないなど橿原市の不誠実極まりない隠蔽体質によって、
家族の知る権利が侵害されたことに起因します。
 学校と橿原市が道義的責任を果たしていれば、
法的責任をめぐって争うこともなかった、ということは
明記しておかなければなりません。
スポンサーサイト



プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック
月別アーカイブ