fc2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

橿原市立中いじめ自死事件、尋問終了

[ 2020/07/17 21:19 ]
 2013年3月28日、奈良県橿原市立中1年生の女子生徒(当時)が、
同級生らからのいじめを苦に自ら命を断つに至った事件の裁判。
 加害生徒と保護者、そして教職員(同)に対する尋問が
20年5月26日から7月7日までの5期日にわたって、奈良地裁
(島岡大雄裁判長)で行われました。
 教職員に対する証人尋問は既報のとおりです。

 橿原市教育委員会が設置した調査委員会は、学校関係者ら105人を
対象に聞き取り調査を実施しましたが、加害生徒らは事情聴取に
応じていません。
 その理由は「必要がないから」

 あらためて言うまでもありませんが、事情聴取とは事件の全容解明を
進めるためのもので、特定の人物に対する聴取を「必要ない」と
判断できるのは、調査委のメンバーだけです。

 学校は、亡くなった生徒の1周忌を「いのちの日」と位置づけ、
春休み中にもかかわらず登校日とし、体育館での講話のあと
教員の引率のもと、法要に参列していました。
 加害生徒らは、学校行事を欠席した理由について
「知らなかったから」
とし、保護者も同様に
「友だちとは思っていないから、行く必要はない」
と切り捨てました。

 参列した生徒のなかには、1年生のとき別のクラスだった生徒たちも、
1学年上の生徒たちも含まれていました。
 つまり、亡くなった女子生徒のことを知らない生徒も多数いましたし、
1学年上の生徒たちは、この時点で中学校を卒業していましたが、
彼らは「友だちではないから、行く必要はない」などとは考えず、
学校行事に参加していました。

 事情聴取にも応じず、1周忌の法要にも参加しなかったというのは
なんらかの意図が働いた結果であり、その理由としては
「うしろめたいから」
と推定できます。

 また無料通信アプリLINE(ライン)に、亡くなった生徒に対する
いわれのない中傷を書き込んでいた生徒は、自死が明らかになった
数時間後に
「私のせいかな。私も死ななあかんのかな」
とLINEに投稿し、自責の念を示していましたが、法廷では一転して
自らを正当化する言い訳に終始しました。
 この生徒の保護者は、LINEでの中傷を知っていたにもかかわらず
謝罪もせず、被害生徒へのお悔やみの言葉を述べることも
ありませんでした。

 亡くなった女子生徒の母親は閉廷後、支援者を前に
「憤りというより、情けない思いだ」
と涙ながらに述べました。
 次回は10月20日10時30分、亡くなった生徒の母親が意見陳述し
結審します。
スポンサーサイト



プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック
月別アーカイブ