fc2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

大津地裁、いじめ自死事件で画期的な判決言い渡す

[ 2019/02/22 18:48 ]
 2019年2月20日付京都新聞は

 大津市で11年10月、中学2年の男子生徒=当時(15)=が自殺したのは
元同級生によるいじめが原因として、遺族が元同級生3人と保護者に
計3800万円の損害賠償を求めた訴訟で、大津地裁(西岡繁靖裁判長)は
19日、元同級生2人に約3700万円の賠償を命じる判決を言い渡した。
(中略)
 大津市は自殺との因果関係や過失責任を認め、15年に和解が成立している。
 大津いじめ事件は、いじめの問題を社会に広く投げかけ、学校に常設の
対策組織を置くことを明記した「いじめ防止対策推進法」が成立するきっかけと
なった。
 「何とか息子の名誉を回復させてあげたい」。両親は大津地裁に提訴した。
裁判は丸7年、審理は33回に及んだ。
 判決後の会見で、父親と遺族側代理人の石田達也弁護士は
「いじめは、一般的に人を死に追い込む危険な行為だと初めて認められた。
大きな一歩だ」と何度も強調した。

と伝えています。

 これについて、同級生らからのいじめを苦に自死した奈良県橿原市立中
1年生女子(当時)の母親は
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201704-2.html

「いじめが自殺を招来するという、いじめと自殺を直線的に結び、通常損害
が認められた。
 国が、全国の教育委員会が、この大きな大きな警鐘をしっかりと受け止めて、
旧態依然とした対応を、根本から変えるときではないのかと思う。
 この判決を契機に、学校現場での児童生徒を取り巻く環境の改善を願う
とともに、大津のご遺族が開けた風穴によって、全国の「いじめ」裁判の
風通しが良くなることを切に願う」
とコメントしています。
スポンサーサイト



プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック
月別アーカイブ