兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。
月別アーカイブ  [ 2017年09月 ] 

シンポジウムのお知らせ

[ 2017/09/26 21:13 ]
 2017年10月14日、「エンジェルズアーチ」と「指導死」親の会が、
下記の要領にてそれぞれシンポジウムを開催します。

 エンジェルズアーチは、獨協大学法学部で「法心理学b」の講座を担当している
南部さおり・日本体育大学准教授が、オープン授業として
「重篤事故を防止するために!Vol.4~知っておくべき最新応急手当~」
を、獨協大学東棟E-202教室にて開催します。
 埼玉県草加市学園町1-1
 東武スカイツリーライン獨協大学前<草加松原>駅西口
http://www.dokkyo.ac.jp/daigaku/a02_02_j.html

 開場10時30分、開講10時45分。
 資料代500円。
 講師は兵庫県川西市立川西中ラグビー部事故で1年生だった長男を亡くした
宮脇勝哉さん。
 大分県立竹田高剣道部事故で2年生だった長男を亡くした工藤奈美さん。
 NPO法人・スポーツセーフティージャパン代表理事で、米国公認アスレティック
トレーナー(ATC)の佐保豊氏です。

 事前のお申し込みが必要です。
 お名前、所属先、連絡先、授業終了後の懇親会に参加するか否かを明記して
 netu.jikobousi@gmail.com(担当:宮脇)までご連絡ください。


 「指導死」親の会は、13時00分から「指導死」シンポジウム7
「『指導死』とその周辺~きょうだいらが語る『指導死』~」を
人権ライブラリー(公益財団法人・人権教育啓発推進センター)にて開催します。
 東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル4階
 JR浜松町駅、都営三田線芝公園駅、都営浅草線・大江戸線大門駅
 http://www.jinken.or.jp/houjingaiyou/access

 資料代800円。
 同会は
「今回のシンポジウムでは、『指導死』できょうだいを失った複数の当事者の発言を
中心に、『指導死』そのものや、学校の事後対応、自らの学校生活やその後の
生き方など、『指導死』がもたらした様々な影響を、きょうだいならではの視点を含め、
これまでとは少し違った角度から考えていきたいと思います」
としています。
 大阪市立桜宮高バスケットボール部の元部員も登壇します。

 同会によると、「席に限りがありますので、事前のお申し込みをおすすめします」
とのことです。
 メールで4104@2nd-gate.com、またはFAXで03-6804-2926まで。
スポンサーサイト
プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック