兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

世田谷区立小組み体操事故、第3回進行協議

[ 2017/09/17 11:06 ]
 2014年4月14日、組み体操の練習中に発生した事故で脳脊髄液減少症を
発症した東京都世田谷区立武蔵丘小6年生(当時)男子と両親が、担任の
男性教諭(同)と世田谷区に損害賠償を求めている裁判で17年9月5日、
3回目となる弁論準備が非公開で行われました。

 世田谷区は事後対応の一環として、
「事案に応じて中立的な外部専門家が参画した調査委員会の設置を検討する」
という文言を、和解文書に盛り込むことを了解しました。
 これは16年3月に文科省が公表した「学校事故対応に関する指針」に、
「被害生徒の保護者の要望があれば、学校設置者が調査委員会を立ち上げて
詳細調査を行う」
との記載があることに基づくものですが、問題は当該事故の全容解明が
進んでおらず、したがって実効性ある再発防止策については同区から
具体的な提案がないまま、という点にあります。
 しかも「事案に応じて」とは、どのような事案を対象とするのか?
だれが「調査委の設置を検討し」決定するのか?は明記されていません。

 学校が作成した「事故報告書」については、記載内容の書き換えには応じない
ものの、男子生徒と保護者がまとめた反論書を事故報告書と一緒に保管する、
との意向を示しました。
 すなわち、同区役所などで事故報告書を閲覧する際には反論書もセットとして
閲覧することが可能になるため、原告もこれを了承しました。
 そのうえで次回以降、世田谷区が賠償金額を提示する運びとなりました。

 世田谷区は事故を発生させたことにより男子生徒と保護者に身体的・精神的苦痛を
与えたことは遺憾であるとし、事後対応に問題があったことも認めて謝罪する、
としています。
 しかし男性教諭は国家賠償法第1条を根拠として「個人として賠償責任を負うことは
ない」という姿勢を崩さず、いまに至るまで男子生徒と保護者に対して謝罪していませんし、
今後も謝罪しない意向です。
 
 保護者は
「これを受け入れるつもりはない。あまりにも不愉快だ」
と述べています。
スポンサーサイト
プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック