兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。
月別アーカイブ  [ 2016年08月 ] 

日本子ども安全学会第3回大会開催のお知らせ

[ 2016/08/11 14:48 ]
 日本子ども安全学会が、第3回大会を以下の要領で開催します。

日時:2016年9月10日(土)13時~17時
会場:中央大学駿河台記念館610号室
〒101-8324東京都千代田区神田駿河台3-11-5
http://www.chuo-u.ac.jp/campusmap/surugadai/

 詳しくは
http://shinnosuke0907.net/895/
をご参照ください。

 運営にあたる一般社団法人吉川慎之介記念基金の吉川優子・代表理事は、
「今年は水難事故のニュースが多いように感じられる。(同基金が主催している
子ども安全管理士資格認定講座などで)海や川での水遊びに際しての
リスクマネジメントについて啓発活動を続けているが、なかなか伝わらない」
と、もどかしさを吐露しながら
「だからこそ関心を高めたい。多くの方に参加してほしい」
と訴えています。
http://shinnosuke0907.net/cpp/

 なお12年7月20日、吉川さんの長男・慎之介くん(当時5歳)が、
西条聖マリア幼稚園(愛媛県西条市)のお泊まり保育中に川遊びで流されて
死亡した事故については、松山地裁(日野浩一郎裁判長)が16年5月30日、
当時の園長に罰金50万円の有罪判決を言い渡し、これが確定しています。
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20160531/news20160531966.html

 判決はライフジャケットの有用性について、繰り返し言及しています。
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/977/085977_hanrei.pdf
スポンサーサイト
プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック