兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。
月別アーカイブ  [ 2014年10月 ] 

組体操の危険性について(その4)

[ 2014/10/30 08:50 ]
 2014年10月29日付朝日新聞兵庫版は

 運動会や体育大会でおなじみの組み体操をめぐり、安全対策の強化を求める声が
高まっている。毎年「10段ピラミッド」に挑戦している伊丹市立天王寺川中学校では、
体育教師が指導方法のDVDをつくった。他校にも提供し、教材化に取り組んでいる。
 「組み体操は人間どうしが直接ふれあい、一つの形をつくる体操。お互いを思いやる
心があれば、素晴らしいものができる」。天王寺川中の吉野義郎教諭は自ら作製した
DVDの冒頭、そう呼びかける。(中略)
 ピラミッドの中に入って、下から生徒の体を支える「かすがい」役をおき、周囲には
補助役も数人配置する。崩れたときの身の守り方も教え、重大な事故は起きていない。
 (中略)
 ただ、全国的にみれば、組み体操でけがをする子どもが多いのは事実だ。
 名古屋大の内田良准教授(教育社会学)が、学校で起きたけがの医療費給付を担う
日本スポーツ振興センターの資料を分析したところ、小学校の組み体操での事故は
11年度5976件、12年度6533件を確認した。跳び箱、バスケットボール時の
事故に次ぎ3番目に多かった。
 吉野教諭は「組み体操に危険はある。だからこそ教材化して、正しい指導方法を
学校現場で共有していく必要がある」と話す。

と伝えています。

 同中では12年に生徒が足を骨折したことが明らかになっていますが、これは
「重大な事故」ではないのでしょうか。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201409-2.html

 14年10月3日に放映された毎日放送「VOICE」で、吉野教諭自身が
「11段ピラミッドはどこも成功させたことがない。このやり方で大丈夫かどうかも
わからない」と認めています。
 なのになぜ「正しい指導方法」などといえるのでしょう?
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201410-6.html

 上記の内田准教授は、組体操の指導において相反するメソッドが併存していることを
指摘し、安全性について早急に検証すべきだと提言しています。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ryouchida/20140926-00039416/

 すなわち「吉野メソッド」は、少なくとも現時点において、安全性を担保するうえで
最も有効と立証されたものではありません。
 したがって、「吉野メソッド」の正当性を一方的に主張するのは勇み足でアンフェアと
言わざるを得ませんし、これを独り歩きさせることにはリスクがあります。

 吉野教諭は14年9月25日放映のテレビ朝日「モーニングバード!」で
「そもそもスポーツにはケガがつきもの。組体操だけが特別に危険なわけではない」
と主張しました。
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201409-0.html

 この発言に対し、「全国柔道事故被害者の会」のメンバーからは
「聞き捨てならない。スポーツ事故は命にかかわるおそれがあり、被害者は未来を
奪われることになる。生徒たちにケガをさせないよう策を講じるのが教師の責務だ。
なぜそれがわからないのか」との声が挙がっています。
スポンサーサイト
プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック