兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

介護の日々(その7)

[ 2012/11/05 21:32 ]
 2012年11月5日付東京新聞「筆洗」は、

 <てのなかにうつくしいていねんをにぎりしめて いきていこうとおもう。
うつくしいていねんは しんじつそのものです。くるしみのなかで 
ひかりかがやいています>

 美しい諦念を握り締めて生きる。この言葉を書いたのは十五歳の少年だ。
臼田輝(ひかる)君は一歳になる直前、都内のマンション五階から落ちた。
動くことも、話すこともできなくなった。母の真左子さんは
「心も身体も毀(こわ)れてしまった」と思った。
 数年たって、彼の目が輝く瞬間があることに気づいた。鏡を覗き込むように
瞳を見つめなければ、気づかない光だ。
 十三歳で指先の微細な動きでひらがなを表示する装置に出合い、光は
言葉となった。

 <へいわがくればいい/うちゅうがえいえんにじかんのあるかぎり/
いつのひか ちいさないのちがうまれて/そだっていくように>

 その言葉に、みんなが驚いた。真左子さんは言う。
「やっと命をつないで生きている子どもたちは、喜びと悲しみは隣り合わせ
だと知っている。輝もすべてを受け入れていたのでしょう」

 <てのなかにあるしんじつは さいわいそのものです。のぞめばいつでも
てにはいりますが だれもこのことはしりません。なぜならにんげんは 
つねにらくなみちのほうをこのむからです。いきるということは 
くなんとなかよくしてゆくことなのです>。

 輝君は十六歳で天に召された。


と書いています。

 この一文によって。
 ひとのいのちはなんと尊く、ひとの魂はなんと美しく気高いのかと、
あらためて思い知らされました。

 それは同時に。
 リサさんに対して、「こんな子にリハビリしても意味がない」、と
臆面もなく主張する被告・兵庫県と東京海上日動火災保険の、
きわめて冷酷な姿勢を浮き彫りにするものでもあります。

 最近刊行された
『生きている 「植物状態」を超えて』(河北新報社編集局編、日本評論社)
には、遷延性意識障害と診断されながら、懸命のリハビリで機能を回復した
患者さんの実例が紹介されています。
 リサさんが医師・看護師・理学療法士など専門家の支援を受け、
一日も早く言葉を取り戻す日が訪れることを、心より願うものです。
スポンサーサイト

毎日放送「VOICE」

[ 2011/01/26 14:05 ]
 2月1日(火)18時15分から毎日放送の「VOICE」で
柔道事故に関する特集が放映されます。
 「全国柔道事故被害者の会」が1月15日、大阪で開催した
シンポジウムの様子や、24時間・365日の自宅介護の実情
についてもリポートする予定です。
 関西地区在住の皆さんは、ぜひご覧ください。

介護の日々(その6)

[ 2010/11/25 10:52 ]
 『AERA』10年11月29日号の「小林麻耶のクワクワ対談」で、
脚本家の北川悦吏子さんが
「健康な人は難病とか障害を他人事だと思ってるけど、人間がいて何人かに
ひとりは確率的にそういう人が出るとしたら、たまたまロシアンルーレットの
弾が自分の所で出なかっただけなんだと思うんです。だから、隣りの人が
当たっちゃったなら、ちょっとぐらい優しくしても、ばちは当たらない」
と指摘しています。
 皆さん、北川さんの発言にある「健康な人」を、
「生徒の安全対策に万全を期していない学校の在校生」に、
そして「難病とか障害」を「事故や事件」に、置き換えて考えてみてください。

 たいへん残念なことですが、これまで繰り返し指摘してきましたように、
龍野高校には「生徒の安全をなにより優先する」という姿勢が感じられません。
 謝罪もせず、重大な事故が発生したという事実から目をそむけ、
真摯に反省するどころか事故を風化させようと画策し、リサさんとご両親を
中傷する風説まで流布させています。

 リサさんは現在も龍野高校に在籍しており、在学契約は有効です。
 しかも学校管理下で発生した事故です。
 したがってK校長が当初、ご両親に対して
「私にできることは、させていただく」
と説明していたというのは、まさに当然至極としか言いようがありません。
 しかし実際には今年の4月以降、教員に対して「保護者が提訴した」と
伝えたのみで、事故について検証することも、再発防止策を作成することも
ないまま、といいます。
 K校長にうかがいます。
 あなたに「できること」とは、いったいなんなのですか?
 具体的にご教授いただきたく、何卒よろしくお願いいたします。

 何度も繰り返しますが、龍野高校の体質は、けっして容認できるもの
ではありません。
 生徒の安全に万全を期す、という意識が徹底していたならば、明らかに
防ぎ得た事故だったのです。
 たいへん残念ですが、やはり起きるべくして起きた事故、と言わざるを
得ないものだった、との思いを強くしています。
 だからこそ校長以下学校関係者は、事故が発生するに至った過程を
つぶさに検証し、反省すべき点をすべて洗い出したうえで実効性ある
再発防止策を作成し、徹底した運用を図らねばならない、のです。
 それがリサさんとご両親に対する、せめてもの誠意です。
 
 北川さんは、自身の体験をもとに
「入院してると、お見舞いに誰かが来てくれるのがイベントだから、
1回で2時間いるよりも、30分でいいから4回来てくれたほうがうれしい」
とも話しています。
 また作家の森まゆみさんは、朝日新聞・読売新聞・日本経済新聞が共同で
運営している「あらたにす」(http://allatanys.jp)の10年11月24日付
<新聞案内人>で、コミュニティの再生に言及し、敬老の日にしてもらいたい
ことの第一位は「顔を見せて話し相手になってくれること」と指摘しています。

 リサさんのご両親も、まさにこうした心境です。
 支援してくださっている皆さん、特別な用事も話題もなくてかまいません。
 折りをみてご自宅を訪問したり、電話をかけたりしてあげてください。
 こうした共感の支援があってこそ、ご両親は24時間・365日の介護生活に、
そして裁判に立ち向かう勇気がわきあがってくるのです。

介護の日々(その5)

[ 2010/11/23 11:01 ]
 学校関連の事故や事件で、お子さんを亡くされたり、
重篤な後遺障害が残ったりしたご家族の実態は、残念ながら
正確かつ詳細には伝わっていない、のが現状です。
 ぼくは、多くのご家族を取材させてもらってきましたが、
その実情は以下のようなものです。
 たとえば
「フルタイムで働いていらしたお母さまが、お子さんの介護に
専念せざるを得なくなり、退職を余儀なくされた」
という事例があります。
 この場合、当然のことながら世帯収入は半減します。
 同時に、介護にかかる費用をはじめ、ご家庭にはたいへんな
経済的負担がのしかかります。
 事故・事件が発生するまで、まったく想定していなかった出費が
かさむわけですから、生活設計を根本的に見直さざるを得ません。
 そして既報のとおり、若年で常時介護が必要となった患者さんは、
入院先の病院にとっては「早期に退院してほしい存在」になってしまう
という、わが国医療福祉行政の現実があります。
 24時間・365日、ご自宅で介護を続けるということの体力的
および精神的負担は、まさに想像を絶するものです。
 
 さらに、ごきょうだいのケアという問題が新たに発生します。
 中学生の弟さんが事故にあった、というご家庭のケースでは、
大学生のお兄さんが精神的なショックから一時的にひきこもり状態になり
留年した、という事例もあります。
 ご両親にうかがうと、
「兄は当時、一生懸命弟の介護に協力してくれていました。いつも
家の中で顔を合わせていたから、彼が授業に出ていなかったことには、
あとになって気がつきました」
ということでした。
 それくらい、当事者の方々は切羽詰った状況にあるのです。

 しかも学校側のプロパガンダによって、
「医療費は独立行政法人・日本スポーツ振興センターが運営している
災害共済給付制度によって支払われている。個人負担は発生していない」
と、まったく事実ではないことが、保護者や地域住民のあいだで
まことしやかに語られるようになります。
 こうした状況において、損害賠償請求訴訟を提訴するということは
「子どものいのちと引き換えに大金をむしり取ろうという、強欲な親」
というレッテルを貼られることにつながります。
 なんとも理不尽な話です。

 しかし、たとえ民事訴訟で原告が勝訴したとしても、
「謝罪と責任は得られない」のです。
 このため、多くのご家族は
「謝罪と責任が付いてこないなら、せめて反省くらいしてほしい」
と、切実な胸のうちを語っていらっしゃいます。
 こうした状況について、ぜひご理解いただきたいと思います。

 NPO法人・ジェントルハートプロジェクトが10年2月から9月に
かけて「当事者や親の知る権利についてのアンケート」調査を実施し、
今月その結果を発表しました。
 事故・事件の経緯や詳細について、「いまだに説明がない」との
回答は27.5%、
 「謝罪を受けていない」との回答は66.7%、
 「学校や教育委員会から、自発的な説明や報告はなかった」との
回答が80.4%にも達しました。
 まさに、ぼくがご家族からうかがったお話の内容と一致しています。

 さらに問題なのは、
「学校・教育委員会の説明にはまったく納得できなかった」
という回答が81.6%。
「あまり納得できなかった」という回答と合わせれば、約9割のご家族が
納得していない、ということです。
 それは、事故報告書が作成されたとしても、その内容(複数回答)には
「重要な情報が抜け落ちていた」36.7%
「一部にうそが書かれていた」20.0%
「書かれていることの大部分がうそだった」16.7%
ことが、納得できない理由です。
 事故報告書、とは名ばかりで、隠蔽と捏造のオンパレードです。
 これで納得しろというほうが、土台無理な話です。
 この点、皆さんにもご理解いただけるものと確信しています。
 どうか当事者の方たちの切実な声に耳を傾けてくださるよう、あらためて
お願いいたします。
 そして、これが共感の支援につながるのです。
プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック