fc2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

石巻市立大川小、裁判をめぐる映画について

[ 2023/03/08 22:45 ]
 今年も3月11日を迎えます。
 東日本大震災による津波で、74人の児童と10人の教職員が
犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校。
 映画「『生きる』大川小学校 津波裁判を闘った人たち」
(寺田和弘監督)が、公開中です。

 裁判は、亡くなった子どもたちの保護者からなる原告の
勝訴で終結しました。
 しかし亀山紘市長、境直彦教育長(いずれも当時)以下、
同市と同市教育委員会は、だれを、なにを守ろうとしたのか?
 それはなぜか?
 彼らの所期の目的は達成できたのか?
 それらの疑問は、いまも解明できないまま。
 そして地域住民や関係者の分断は修復できないまま、
今日に至っています。
 まさに、「事故が起こって幸せになる人はいない」
ということを、あらためて痛感します。

 一般社団法人ここから未来(cocomirai.org)の
篠原真紀理事は2023年3月7日。
 K’s cinemaでの上映後、アフタートークに臨みました。
 篠原さんは、本作にも登場する遺族たちと被災直後から
交流しており、毎年3月11日は大川小に足を運んでいましたが、
コロナ禍の影響により3年間、現地に行けなかったとしたうえで
「今年は4年ぶりに大川小で3月11日を迎える予定だ」
と述べました。

 民事裁判は挙証責任が原告にあります。
 すなわち、大津波警報が発出されてから
「避難するのに必要な時間も情報も方法も場所もあったのに、
なぜ先生たちは子どもたちを校庭にとどまらせたのか?」
「避難していれば子どもたちは亡くならずにすんだのか?」
という疑問を保護者たち自身が解明しなければならないのです。

 「なぜ避難しなかったのか?」は、被告・石巻市と宮城県が
情報を隠蔽しているため、いまも謎のままですが、
「避難していれば子どもたちは助かった」と仙台高裁は認め、
最高裁も県と市の上告を棄却しました。

 篠原さんは
「亡くなった子どもたちには、『お父さんお母さんたちが、
あなたたちに代わって証明してくれたよ。
 ほんとうにがんばってくれたよ』と、言ってあげたい」
と涙をこらえながら話しました。

 篠原さん自身、10年に川崎市立中学校3年生だった
次男がいじめ自死した遺族ですが、同市教委が設置した
調査委員会の委員が
「息子が好きだった本を読み、音楽を聴き、彼の胸中に
迫ろうと一生懸命になってくれて、腑に落ちる調査報告書を
作成してくれた」
とし、同委員とはいまも良好な関係にあるといいます。

 学校をめぐる事故・事件が発生すること自体、不幸なことです。
 しかし学校や行政の事後対応によって、被害者や遺族の思いが
多少なりとも救われることもあれば、とてつもなく深い心の傷を
負わされることもあります。
 当ブログでも繰り返し紹介してきましたが、さいたま市、名古屋市、
そして川崎市は稀有な例です。
 これらを、「たまたまいい人にめぐりあえたから」で、
すませてよいのでしょうか?
スポンサーサイト



プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック
月別アーカイブ