兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

日体大研修会&「指導死」シンポジウム(その4)

[ 2017/10/17 17:47 ]
 竹田高は、工藤剣太くんが亡くなった8月22日を「健康・安全の日」として
毎年全校集会を開催していますし、
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201308-4.html
専大附高は「恵杯」を毎年開催しています。

 生徒は毎年入学と卒業を繰り返しますし、人事異動によって事故・事件が
発生した当時の状況を知る教諭がいなくなるのは避けられないことです。
 しかし、吉川優子さんが言うように
「事故の教訓を風化させてはいけない」
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201709-2.html
のですから、竹田高と専大附高の取り組みには敬意を表します。

 ただし、いずれも事故発生時の校長が退任し、後任校長が着任してから
対応が変わったという事実を付記しておきます。

 一方、龍野高は07年5月24日に発生した女子テニス部事故について
調査をしないまま、今日に至っています。
 そして井戸敏三・兵庫県知事と県教委は、部活動の安全指導と事後対応に
ついての要請文を受理しておきながら、
http://shunichimori.blog130.fc2.com/blog-date-201602-1.html
誠意ある回答をしないままです。

 これでは、悲しい事故をなくせません。
スポンサーサイト

日体大研修会&「指導死」シンポジウム(その2)

[ 2017/10/17 17:29 ]
 日体大研修会では、約250人の学生と約40人の市民に向かって、
リサさんの父が自身の体験を語りました。

 リサさんが熱中症で倒れた07年5月24日、龍野高女子テニス部顧問(当時)の
三木教郎教諭が詳細な練習メニューを作成して、主将だったリサさんに指示して
いながら、石原元秀校長(同)が保護者に対して「練習内容を作成したのはリサさん」
と虚偽の説明をしていたこと。
 学校管理下で行われていた部活動の練習中に発生した事故であるにもかかわらず、
石原氏が「学校に責任はない」と言い切り、「健康管理は家庭の責任」と切り捨て、
事故発生に至る機序について調査していないのに「学校の対応に瑕疵はない」
と強弁し、挙句の果てには持病説まででっちあげたため、家族が深刻な風評被害を
受けたことを聴衆に伝えました。

 また三木教諭が作成した練習メニューには、休憩や給水に関する指示がなかったとし、
「この点について尋ねたところ 、『校舎建て替え工事のために校内のコートが使えず、
市営コートを借りて練習していた。費用が発生するので、休憩するのはもったいない』
と答えた」
ことや、石原氏の後任である清重安男・元校長が
「スポーツに事故はつきもの」
と、平然と言い切ったことを明らかにしました。

 そのうえで、
「科学的な知見に基づいた合理的な指導法でなくてはいけないのに、経験と勘に
頼り、無知で無理を強いる指導者がいる。
 安全は多くの失敗や犠牲の上に成り立っている。過去の失敗に学ばなければ、
悲しい事故は繰り返される。
 日体生の皆さんは多くが教員志望だと聞いているが、教員も事故を起こそうと
思って起こしているわけではない。
 事故情報を教訓として共有し、スポーツ特有の危険性を理解し、安全に配慮して、
安心して子どもたちを任せられる指導者として携わっていただきたい」
と訴えました。


(この項、つづく)

スポーツ事故根絶に向けて(その14)

[ 2017/01/08 07:42 ]
 「全国柔道事故被害者の会」(村川弘美代表)がコメントを公表し、
群馬県館林市立中柔道部で繰り返し事故が発生した件について、
同市の「柔道安全指導検討委員会」が発表した報告書の概要に
疑問を呈しています。
http://judojiko.net/news/2416.html

 コメントは2016年12月30日付。
 このなかで、館林市の「柔道安全指導検討委員会」に対し

「頭を打つなどした生徒が頭痛や吐き気を訴え意識障害の兆しが
みられた場合は、指導者はすぐに救急車を呼ぶべきだ」と提言しているが、
「どうして学校は19分間も救急車を呼ばなかったのか」という問題に
ついてなぜ究明しないのか?

と問いかけています。

 すなわち同委員会が発表した報告書の概要は、事故について
表面的な事象をなぞったにすぎず、精緻に分析したうえで原因を究明する
には至っていない、ということです。
 「ファクトとエビデンスを明らかにし、情報を公開し共有するというプロセス」
を経ていないのですから、上記報告書は仏を作ったものの魂は入っていませんし、
画竜点睛を欠くものと言わざるを得ません。
 そして指導体制の不備が、ひとりの男子部員を図らずも2度も「加害者」に
してしまった、という事実があります。
 彼の胸中を思えば、非常に遺憾です。

 「全国柔道事故被害者の会」のコメントは、柔道に限らずすべてのスポーツが
危険と隣り合わせであることをあらためて想起させ、関係者は事故予防に
全力を尽くすべき、との提言です。
 ぜひご一読ください。

群馬県の中学校柔道部で重大事故が繰り返し発生

[ 2016/12/30 21:09 ]
 2016年12月29日付朝日新聞群馬版は

 館林市立中学3年の男子生徒が柔道部の練習中に頭を打ち意識不明となった
事故で、再発防止策を検討する委員会(委員長=小川正行・群馬大教授)は
28日、指導者が部員の技能・体格差に配慮し、大外刈りの指導には細心の
注意を払うことを柱とする報告・提言書の概要を公表した。
 事故は5月31日、身長が16センチ高く、69キロ重い同級生の男子部員に
大外刈りで投げられた時に起きた。2人は1年時からペアを組み、今までけがは
なく、顧問らは組み合わせを容認してきたが、検討委は「指導者は体格差を
十分配慮する必要があった」と判断した。(中略)
 市教委によると、男子生徒は筆談を通して簡単な受け答えができるが、
意識障害があるという。

と伝えています。

 16年7月21日付毎日新聞によると、投げられた生徒は身長約160センチ、
体重48キロ。投げた生徒は約175センチ、117キロとのことです。

 そして上記事故の約2週間前、同じ学校の柔道部で3年の女子生徒が、
体重差が40~50キロある男子部員と乱取りをした時、倒れてのしかかられる
という事故があったことが明らかになっています。
 女子生徒の母親によると10月に右足甲の複雑骨折の診断を受け、11月に
手術を受けたということです。

 こうした問題について、「全国柔道事故被害者の会」は
「館林市が設置したのは『柔道安全指導検討委員会』であって、『事故調査委員会』
ではない。すなわち事故当事者である柔道指導者を擁護する立場の人間が、
第三者として公正に事故調査を行えるとは考えにくい」
との見解を示しています。

 「全国柔道事故被害者の会」は何年も前から、重大事故が発生するメカニズム
について検証し、「体格差・大外刈り・初心者がキーワード」だと再三にわたって
警告してきました。

 同会の提言を受けて、全日本柔道連盟も
「体重差のある者同士で組む時には重大事故が起きる危険性がある」として
指導者らへの周知を図ってはいますが、現場の指導者に完全に浸透している
とはいいがたい、という現実が明らかになりました。

 内田良・名古屋大大学院准教授が
「ファクトとエビデンスを明らかにし、情報を公開し共有するというプロセスが
定着しなければ、同様の事故を繰り返し発生させる」
と警告していますが、残念なことに現実のものになってしまいました。

 被害にあった男子生徒の母親は、
「事故後の学校側の説明では、事故があった時は指導者が背を向けている
状態で、どうして頭を打ったのかがはっきりしない、ということだった。今回の
報告書でも、そこがはっきりせず、なぜこの事故が起きたのか、結局は
わからないことが残念でならない。
 普段は体重の重い部員同士で組むのが、この日は他の部員が先に帰宅し、
3人の部員で練習することになり、息子が相手をすることになった。やはり
体重差が問題だったと思う。人数が少なくなった後の時間は、基本練習だけに
するなど状況に合わせた練習メニューにするか、早く切り上げても良かった
のではないか。
 今回の検証は、これ以上事故を起こさないためのもの。のど元過ぎれば
熱さを忘れる、にせず、柔道を含めた全国のスポーツ現場で、うちの事故を
教訓として練習方法を考えて欲しい」
と訴えています。(16年12月29日付朝日新聞群馬版)

スポーツ事故根絶に向けて(その13)

[ 2016/06/06 12:32 ]
 『部活動の安全指導-先生方に心がけて頂きたいこと』
http://judojiko.net/apps/wp-content/uploads/2016/04/bukatsu_anzen.pdf
の筆者である南部さおり氏が今年度、日本体育大学体育学部准教授に就任し、
社会体育学科で「スポーツ危機管理学」の講座を担当しています。
http://www.nittai.ac.jp/gakubu/kyoin_list/index.html

 南部氏は
「本学学生の9割が教員志望。彼らの多くが卒業後、保健体育の教員として
授業を担当し、部活動の指導にあたることになる。その際、スポーツ事故を
起こさない安全な指導法を身につける必要がある。熱中症対策など医学的な
知識を学ぶことも不可欠だが、やはりなにより大事なのは安全第一という
マインドを植えつけることだ」
とし、そのために
「スポーツ事故の被害者やご家族から直接お話を伺うことで、学生たちの
意識改革につなげたい。ついては当事者の皆さんのご協力をお願いしたい」
と述べています。

 南部氏の取り組みにご協力いただける方は、
nambu3@nittai.ac.jp
または
〒227-0033 横浜市青葉区鴨志田町1221-1 日本体育大学体育学部
Tel&Fax (045)479-7115
まで、ご連絡いただけますようお願いいたします。
プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック