fc2ブログ

兵庫県立龍野高校テニス部事故を考えるウェブサイト

2007年5月24日、兵庫県立龍野高校テニス部の練習中に倒れ、いまも意識が戻らないリサさん。事故発生とその後の状況について検証し、ともに考えたいと思います。

全国学校事故・事件を語る会、シンポジウムを開催

[ 2023/09/19 12:17 ]
 2023年9月17日、「全国学校事故・事件を語る会」は
神戸市内でシンポジウムを開催しました。
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20230918/2000077983.html

 同会の代表世話人・内海千春氏は、近年全国各地で
設置されている第三者調査委員会について、
「その目的はなんなのか?再発防止が目的であれば、
被害者と学校が対立することはないはずだ。
 しかし責任論を持ち出すことで、両者の対立が先鋭化している」
という問題意識を明らかにしました。

 そのうえで、兵庫県立川西明峰高校で発生したいじめ自死事件
に言及し、
「両親が求めていたのは子どもが亡くなった原因を明らかにすることだ。
だから神戸地裁判決が、被告・兵庫県に対する損害賠償請求に
ついては棄却したものの、いじめと自死の事実的因果関係を認めた
ことに満足し、控訴はしなかった」
「両親は、この判決をもとに、学校が作成した事故報告書の記載内容に
不備があるとして、これを訂正させた」
と述べ、提訴の目的は賠償金を受け取ることにあるのではなく、
子どもと家族の名誉回復にあることを指摘しました。

 さらに内海氏は、調査委が報告書をまとめる際の姿勢について、
「亡くなったり、重篤な後遺障害に苦しんでいる子どもについて、
委員には『絶対に間違いがあってはいけない、というおそれ』が
感じられない」
「委員は『公正中立』というが、それはなんなのか?子どもを
大切に思い、子どもに寄り添う姿勢を示すことが『公正中立』だ」
と強調しました。

 一般社団法人「ここから未来」の代表理事・大貫隆志氏も、
自らが調査委員を務めた経験に基づき、
「『公正中立』というのはトリックワード」
とし、その理由として
「まず被害者は被害に遭っている、ということを忘れてはいけない」
「学校側は圧倒的に多くの情報を持っていて、しかもそれを
被害者側には開示しない」
「委員に選任されるのは医師や弁護士、学識経験者が多いが、
彼らは必ずしも学校事故・事件の専門家ではない」
ことをあげたうえで、
「委員が被害者側に相当に加担しないと、両者はイーブンな関係
にはならない。こうした状況を放置したままでは、まっとうな調査は
スタートできない、と断言できる」
と述べました。
スポンサーサイト



全国学校事件・事故を語る会、大集会延期のお知らせ

[ 2020/03/20 20:50 ]
 「全国学校事件・事故を語る会」(代表世話人・内海千春氏、宮脇勝哉氏)は
2020年5月30日~31日に予定していた大集会を、新型コロナウイルスの
感染状況に鑑みて延期すると発表しました。
 詳しくは
https://katarukai.jimdofree.com/
をご参照ください。

全国学校事件・事故を語る会、大集会のお知らせ

[ 2020/03/02 23:43 ]
 「全国学校事件・事故を語る会」(代表世話人・内海千春氏、宮脇勝哉氏)は
下記の要領にて大集会を開催します。

日時:2020年5月30日(土)~ 31日(日)
会場:兵庫県立のじぎく会館
神戸市中央区山本通4丁目22-15 ☎(078)242-5355

 詳しくは
https://katarukai.jimdofree.com/
をご参照ください。

19年度第3回日体大研修会

[ 2019/12/16 07:23 ]
 日本体育大学スポーツ危機管理研究所が主催する
「学校・部活動における重大事故・事件から学ぶ研修会」
 4年目となる2019年度の最終回が、12月13日18時00分から
同大世田谷キャンパス記念講堂で開催され、同大生のほか
市民など約200人が集まりました。

 今回は13年3月、長野県で行われたスキー合宿中に死亡した
横浜市の私立小6年生女子(当時)の母と、16年5月、体育の
授業中に行われていた体力テスト中に倒れ死亡した大分市の
私立中3年生男子(同)の両親が登壇し、自らの体験を語りました。

 いずれの事案も死因は不明なままで、学校は説明責任を果たしていません。
 このため「なぜ我が子が亡くなったのか?」という問いかけに
回答が得られないまま、葛藤する日々を余儀なくされています。

 いずれのお子さんも既往症もなく、健康状態に問題はありませんでした。
 しかし横浜市の私立小は、学校保健安全法で定められた
危機管理マニュアルの作成を怠っていたこと、宿舎にはAED
(自動体外式除細動器)が用意されてないことを事前に確認せず、
あらかじめ用意して現地に持参する、という対策も講じていなかった
ことが明らかになっています。

 大分市の私立中も、危機管理マニュアルを作成しておらず、
男子生徒が倒れたあとも授業を担当していた教諭が市民レベル以下の
対応しかできず、AEDもまともに使えなかったようです。
 両親は
「体育の教諭にもかかわらず、人工呼吸法を理解しておらず、
救命に関する技能を習得できていなかった」
と訴えています。

 さらに学校管理下で行われていた行事や授業の最中に発生した
事故にもかかわらず、注意義務および安全配慮義務を果たしていない、
という点でも一致しています。
 男子生徒の両親は
「大分県の担当部局にも訴えたが、『強制力はない』の一点張りで、
真相解明にはきわめて消極的だった」
と行政に対しても不信感を募らせています。

 危機管理マニュアルの作成を懈怠しているということは明らかに
違法行為ですが、これを放置して指導もしない、という行政の
無為無策にも言葉を失います。
 こうした現状にあっては、「私立校は無法地帯」というそしりを
免れないのではないでしょうか?

 この後、同大保健医療学部救急医療学科の鈴木健介准教授、
那須涼太郎助手の指導による救命蘇生法講習会が行われました。
 すべての教員が講習を繰り返し受講することで知識を得て、
万が一の場合には速やかに適切に対処できるだけの技能を習得すること。
 不幸にして発生してしまった事故で教え子の命を守れなかった、
という事実は教員にとって最大の痛恨事であるはずです。
 であるならば、不幸な事故を教訓とすることが、教え子に対する
せめてもの誠意ではないでしょうか?

19年度第2回日体大研修会(その2)

[ 2019/11/16 20:11 ]
 金澤さんは1年生の夏合宿で事故に遭いましたが、監督が即座に
部員たちに事情聴取して、故意ではなかったことを確認するなど
事故の全容解明に努めました。
 長期入院を余儀なくされ、リハビリに励む日々でしたが、同校の
教職員が授業の様子を撮影したDVDを持参し、これを見ることで
出席扱いとし、定期テストも病室で受けることで休学せずにすみ、
同期生といっしょに進級することもできました。

 金澤さんは
「先生たちがぼくの意向を尊重してくれたから、モチベーションを
高く保てた。もう一度グラウンドに戻る!と確固たる信念をもって、
リハビリに取り組むことができた」
と振り返っています。
 そしてチームメイトが励ましてくれ、手助けしてくれたことを紹介し
「ひとりではできないことも、人の力を借りればいろいろできるようになる、
と実感した」
と述べました。

 3年生になる際、同期生が全員一致で金澤さんを主将に選出しました。
 グラウンドに立つことはできませんが、プレーを見て分析し、これを
メンバーに伝えることでチームの勝利に貢献できると確信したのは、
大阪府予選を勝ち抜いて花園ラグビー場で行われる全国大会に
出場したときだった、といい
「全国制覇は果たせなかったが、ぼく自身成長できたし、可能性が広がった
と思っている」
と振り返りました。

 金澤さんの車椅子には
「JOSHO FAMILY ARE SUPPORTING KOUKI KANAZAWA」
と記載されたステッカーがあり、
「金澤功貴君を支援する会」の代表は同高ラグビー部の野上友一監督です。

 現在は摂南大学4年生ですが、ラグビー部員でもあります。
http://setsunan-rugby.com/team/部員・スタッフ-紹介/4回生/

 将来は高校教諭になるという夢があり、19年6月には母校で教育実習も
行いましたが、その際も設備面での不備は感じなかった、ということで
「常翔学園の配慮には感謝しているし、部員には保険加入を勧めるなど、
事故を教訓として活かそうとしている」
と述べました。
 そのうえで、
「スポーツ事故は起こりうることであり、予防策を講じることが大事。
それでも事故が起きたときは当事者と向き合い対話し、当事者の意志と
ともに歩んでほしい」
と学生たちに要望しました。
プロフィール

heppoko runner

Author:heppoko runner
 子どもは社会の宝です。
 なぜなら20年後、30年後の社会を支えてくれるのは彼ら彼女らであり、彼ら彼女らのいのちや権利を粗雑に扱うということは、すなわち日本の、ひいては人類の未来に対する責任を放棄することです。
 そんな無責任な態度は、断じて許されません。
 子どものいのちと権利を守るために、わたしたちはなにをしなければならないのか?なにをしてはいけないのか?
 いっしょに考えていただきたいと思います。

最新トラックバック
月別アーカイブ